テーマ:自民党

『三宅久之の書けなかった特ダネ』

 三宅久之著『三宅久之の書けなかった特ダネ』(青春出版社)を読んだ。  著者は、ご存じテレビ出演が多い政治評論家の三宅さんだ。  かつて毎日新聞社で政治記者として勤務していたころ、取材の成果の中で公表できなかったことがあった。 三宅も相当にお年を召されて、ふと考えて、相手も大方、鬼籍に入ったことだし記録に残しておいたほうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大統領と総理大臣と精神鑑定

 アメリカ合衆国の大統領は人類の運命を左右する核兵器のボタンを握っているから毎週2回精神鑑定を受けることになっている。  共和党と民主党それぞれの指名した精神科医が鑑定する。この話を聞いたとき「なるほどもっともだ」と思った。  そのくらいのことを、してもらわないと危なくって。  いつまた、トルーマンみたいなヤツが大統領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舛添ネズミ男はオオカミ中年? 新党カイカクにフレッシュな女性は…

 マスゾエが自民党を脱党した。“オオカミ中年”が、やっと新党旗揚げなんだそうだ。  やはり政治の世界は年寄りの世界。だって舛添要一は昭和23年生まれ、今年62歳になる。サラリーマンなら定年後だ。  普通の社会では中年とは言わない、老人だよ、お年寄り。  「改革クラブ」を「新党改革」に衣替えするという。  人気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■なんだかわからない…次の総理は小渕優子で決まり

 このとことろ短期政権が続いている。みんな総理大臣を出した家系の出身。 「小泉以降は短期政権だな」  安倍晋三366日、福田康夫365日、麻生太郎358日、だんだん短くなってくる、とタバコ屋の隠居がつぶやいた。 「親父や爺さんが一度やってる家系だ」  焼酎のウーロン割をごくりと飲んでクリーニング屋が応じた。 「年番…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more