早い退院

 予定より1日早く本日退院しました。今回の検査入院では次の①②を詳細に検証し、対応することでした。
  ①右脚の太い動脈の血行不全を解消すること
  ②心臓の冠動脈が石灰化しているので修理すること

 金曜日に入院し、予備検査と翌日からの本検査に備え点滴開始。予備検査と言っても私が今まで受けていた人間ドック程度とはレベルが違うようだ。

 夕方になり、国分太一に良く似た医師から予備検査の結果が伝えられた。従来の人間ドックデータから類推されてた状態より、良い結果、好ましい状態と聞かされましたのさ。

 飲み食い禁止。夜が明けて、造影剤を入れられて、我慢ガマンの数時間。

 この何年間か、医療とは痛みを取り去る行為と思いこんでいた。


 半世紀前、病院へ行くと診療室は薬と消毒剤のにおいの中にありました。

  注射するときは「日本男児なんだから…」

 尊大な医者は必ず患者にガマンを強いたのでしたが、いつごろからか痛みを軽減する医療が進み、日本男児にも病院は安心できる場所になっていたのです。

 それが今回、朝、病院内の画像検査センターへ。狭いベッド、というより被験者台に据えられて、ズズズッと機械の中へ。
     

 写真撮影のとき、「足を動かさないでガマンして」って言われて。

 これがキズがある身体に思いの外こたえる。

 こんな写真を撮って検査していただいたのだが、久しぶりに痛みに耐えなければならなかったのです。

画像


 検査は実際に造影剤を入れて撮影した結果、冠動脈の石灰化は心配するほどでなく、右脚の血流も3本ある太い動脈のうち1本がピンチであるが2本はまあまあ持っているので当初予想ほど心配しなくていい。バルーンで1本を修理しただけで済んだのでした。

 そういうことで第一次入院は予定より1日早く退院できました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

にゃたんぽ
2010年08月23日 13:13
心臓が遅れているせいかもしれませんが、患者が、痛かろうが、痒かろうが
関係ないみたいで、心臓では「血流さえあればヨシ」とされるみたいです。
隣りの人が、どうしても体感上おかしい、と云ったら、
ちょっとリスキーな、スパズム(血管の痙攣)の検査をしていました。
痙攣を起す薬を入れて、起す寸前にストップする、と云うものでした。
写真はよく撮れていますね、太い血管が生きていますね。

この記事へのトラックバック